『10月17日は沖縄そばの日』

そば粉を使っていないのに『そば』と呼ばれているのは、沖縄の歴史と深い関わりがあります。

 

そばは明治の半ば頃に中国から伝わったとされ、スバ(そば)の名称で愛されてきました。ところが、本土復帰後の1976年に、全国生めん類公正取引規約により、『そば』の名称を使えないとの通達を受けました。

 

そこで、沖縄製麺共同組合を中心とした人々が、粘り強く交渉を続け、1978年に『本場沖縄そば』として正式に登録されることになったのです。それが10月17日のことで、それ以降、沖縄では、毎年この日を『沖縄そばの日』として、そば専門店などが、さまざまなサービスを提供するなど、そばをめぐる特別な日となっています。

 

そんな沖縄のソウルフードといえる沖縄そばですが、実は地域や離島によっては少しずつ味や麺に違いがあります。スープは豚骨をベースにした塩味のスープやカツオ出汁のスープがあり、麺は平麺、太麺、細麺と地域によって特徴があります。

 

たとえば、宮古そばは本島の沖縄そばに比べると、麺が少し細いという特徴があり、また、八重山そばは、丸みのある麺で細切りにした豚肉がのっているのが特徴です。  また、骨つきあばら肉を柔らかく煮込んだ「ソーキ」をのせたそば「ソーキそば」は沖縄本島の名護市で生まれ、今では日本各地の沖縄料理屋さんでも食べられる定番メニューとなりました。  

 

今年の10月17日は沖縄そばをうさがみそーれー(召し上がれー)

東京、神奈川、埼玉エリアで沖縄そばが食べれれるお店はコチラ

おきなわ食材レシピねっと おきレシ
おきレシ
石垣島でフォトウェディング
石垣島でフォトウェディング
東京島のわ通信
東京島のわ通信
沖縄のおすすめ海遊びプラン紹介 みーぐる
地元密着観光情報
沖縄のウェディング情報 ainowa
ainowa


お問い合わせ先

【本店営業所】

TEL 03-6423-9669

FAX 03-6423-9679

東京都大田区大森南4-10-17

営業時間 6:00~15:00(水・日曜定休日)