NEWS&EVENT’S


やちむんの種類と柄

 今回はやちむんの種類と代表的な窯元について紹介します。

 

やちむんは、ぽってりとした厚みのあるものが多く、どっしりとした面構えなので、

ゴーヤーチャンプルーなど、大皿にどんとした料理が似合います。

 

また椀やどんぶりは『マカイ』と呼ばれ、さまざまなサイズが作られています。

どんぶりは、そばマカイと呼ばれることが多く、「沖縄そば」を食べる、

沖縄ならではという感じがしますよね。

 

また本土ではあまり見る機会がありませんが、抱瓶(だちびん)と呼ばれる泡盛を入れる容器や、

カラカラという酒器、チューカー(急須)、按瓶、厨子甕など沖縄ならではの器もあります。

 

やちむんの柄は、県花であるデイゴやブーゲンビレアなど、沖縄に自生する植物をモチーフにしたものや、

無数に伸びた蔦が長寿、子孫繁栄を意味すると言われる唐草模様、富と幸福を意味すると言われる魚紋など様々な種類があります。

別のページでも柄の種類や由来を詳しく紹介しておりますので、下記よりご覧ください。

続きを読む

弊社代表が紹介されました。

県外で活躍するウチナーンチュのストーリーと届ける

 

 

 

東京都沖縄区 ~島を旅立つ君たちへ~

 

 

 

で弊社代表(私)をご紹介頂きました!!

代表の平良さん、取材及び記事を編集頂いた小笠原さんに感謝です!

 

おまけにこんま決め顔も撮って頂きました(笑)

 

私、老けたな(汗)

  

 

東京都沖縄区~島を旅立つ君たちへ~

やちむんの製造工程・技法

やちむんは大きく分けると『荒焼(あらやち)』と『上焼(じょうやち)』の2種類があります。

 

まず、製造工程について説明します。

 

荒焼と上焼は上記の通り、見た目や用途にも違いがあります。

まず荒焼の作り方は以下のようになります。

『荒焼』とは釉薬をつけない焼物のことで南蛮焼とも呼ばれています。また、実用に徹しているため、飾りなどはほとんどありません。泡盛や醤油、あるいは穀物の貯蔵用、また飲料水をためる大きな甕や壷などが中心でしたが、近年では、酒器や食器など小物類も焼かれるようになっています。

 

続いて、上焼の作り方は以下のようになります。

続きを読む

沖縄のうつわ『やちむん』の魅力

『やちむん』とは

 

沖縄で作られる焼き物の総称を『やちむん』と言います。

 

やちむんとは沖縄の言葉でやきものを表し、

「やちむん」の「やち」は「焼き」を「むん」は「物」を意味しています。

 

沖縄の家庭で今も日常的に使われている茶碗や飯碗、鉢や平皿など

の陶器を指す言葉です。

 

最近では、年に数回開かれるやちむんの陶器市を目指して旅行する人もいるほどです。

 

 

「やちむんの歴史」

 

やちむんの歴史は長く、1600年、沖縄が琉球国を呼ばれていた頃までさかのぼります。

 

薩摩から琉球王国に朝鮮人の陶工3人が陶芸の技術指導のために訪れます。 さらに、1682年には、琉球国の尚貞王が県内各地の陶工たちを壺屋に集めました。 このことが、やちむんの基礎となる「壺屋焼」が生まれるきっかけとなりました。

 

当時焼き物は泡盛を入れて海外に輸出したり、海産物を入れて輸入する、いわばコンテナの役割として使われていましたが、やがて器などの家庭用品としても利用されており、明治時代に入ると、琉球王国が沖縄県になり、他県で作られた安くて丈夫な焼き物が、県内に浸透し始めます。

 

この影響で、壺屋焼は次第に衰退していきますが、1926年頃に起こった「民藝運動」によって、日用品としての美が認められ、やちむんは全国各地に広まっていきます。 

 

次回はやちむんの製造工程についてお伝えします。

 

  

○弊社では『やちむん』の業務用卸も行っております。首都圏の沖縄料理店様でご興味のある方は弊社までお気軽にご相談ください。

続きを読む

泡盛ってどんな味!?~オススメの飲み方~

『泡盛ってどんな味!?』

泡盛というとアルコールがきつくて飲みにくいイメージがありますが、実は飲み口も爽やかですし、酔いざめもスッキリとしています。また香りも芳醇で、深いコクを楽しむこともできます。そして、寝かせれば寝かせるほど、熟成するほどに芳醇でまろやかな味と香りを放ち、3年以上熟成させると『古酒(クース)』になります。

現存するものでは150年ものの泡盛の古酒があるそうですよ。

 

 

『泡盛の飲み方って!?』

 

 

・水割り・ソーダ割り 

泡盛の本場沖縄でもポピュラーな飲み方。グラスに水、泡盛、氷で楽しむことができます。割り水の割合はお好みで。

 

・オンザロック 

背丈低めのグラスを氷で冷やして泡盛を注ぎ、氷となじむまで軽く混ぜてお召し上がりください。ゆったりとおいしく味わうために、氷は大きめがおすすめです

 

・お湯割り

寒い日にはお湯割りがおすすめです。

あまり熱いお湯だと香りが飛んでしまうので70度前後のお湯を入れて、その後に泡盛を入れましょう。体がポカポカ温まります。

 

・シークヮーサー割り

泡盛の水割りにシークヮーサーやレモンなどの柑橘類を入れると飲みやすくなっておすすめです。

      

・泡盛モヒート

グラスにミントの葉とガムシロップ、レモン汁を加え、そこへお好みの量の泡盛と炭酸を入れれば泡盛モヒートの完成。意外と簡単に自宅でカクテルができちゃいます。

 

・コーヒー割り 

コーヒーで割ると、泡盛が驚くほどすっきりと飲めて、これをきっかけに泡盛にハマってしまう人も多いんだとか。

 

 

その他、お好みでいろいろな飲み方を試してみるのもおススメです。

 

 

続きを読む

泡盛の歴史と由来

『泡盛の歴史』

 

泡盛は国内最古の蒸留酒と言われていて、14世紀後半ごろから15世紀ごろにシャム国『現在のタイ』から琉球に伝えられます。

その際に蒸留器具やタイ米、貯蔵用のカメなども持ち込まれ、琉球の気候に最適な黒麹菌「くろこうじきん」を使い改良を重ね、新たな酒『泡盛』として誕生したと考えられています。

15世紀から19世紀までは、奉納品として中国や日本の権力者に献上されてきた大変貴重なものでした。

 

『泡盛の名の由来』

泡盛は琉球王朝時代、(あわむり)、(あわむい)と呼ばれていましたが、現在では(あわもり)と呼ばれています。

『泡盛』の名の由来としてよく語れるのが、

①原料由来説:泡盛を作るのに粟を原料にしたからという説。

②泡に由来する説:泡盛製造過程でさかんに泡が盛り上がることからという説。

        :泡盛の度数を調べるときに、ひしゃくですくった酒を高いところから垂らし、その泡立ちでアルコール度数を計ったという説

④梵語説:古代インド語のサンスクリット語で、酒のことを『アワムリ』といいそれが転じて『アワモリ』といあれた説。

 

 

 

 

など諸説ある泡盛の語源ですが、現在では『泡に由来する説』が有力ではないかとされているようです。

 

次回は泡盛の味、オススメの飲み方についてお伝えします。

是非、11月は泡盛を楽しんでくださいね。

 

東京、神奈川、埼玉エリアで泡盛を楽しめるお店はコチラ

 

 

続きを読む

弊社代表の取り組みをご紹介頂きました。

志ぃさーこと、ウチナー噺家藤木勇人さんのラジオ番組『ヤマトde沖縄タイム』

 

11月9日 第526回放送分の『オキナワンドリーム』ゲストコーナーにて弊社代表が出演致しました。

 

会社を立ち上げるまでのいきさつから、現在の仕事内容、さらには新規事業の話まで、

 

噺家さんの見事なトークに引き込まれながら、あっという間のインタビュー時間だったようです。

 

藤木さん、楽しい時間をありがとうございました。

 

泡盛の特徴と魅力

今回は泡盛の特徴と魅力についてお伝えします。

 

 

『泡盛の特徴』

 

泡盛に法的な定義はありませんが、基本的な製造方法はほぼ共通しています。

沖縄県酒造組合は運営する泡盛ポータルサイト『琉球泡盛』によると泡盛の特徴は以下の4点になります。

①原料に米を用いる

②種麹に黒麹菌を用いる

③仕込みは一度きり、全麹仕込みで行う

④蒸留には単式蒸留器を使う

この4点が、同じく米を原料とする蒸留酒である米焼酎とは異なる、泡盛ならではの味わいを生み出す要因となっています。

 

続きを読む 0 コメント

11月は泡盛月間です!

毎年11月1日~30日の1カ月間は泡盛月間です。

この泡盛月間を通して、各地では泡盛の存在意義や、泡盛がもたらす楽しさや効果効能、
歴史的・文化的な価値などをわかりやすく伝えるとともに、
泡盛業界の取り組みや各酒造所の活動内容等を、県内県外の方々へ広く伝えるイベントが行われています。

 

 

『泡盛の日について』

 

泡盛の日は8月から9月に仕込んだ泡盛が11月1日頃から飲めるようになるので、この日を記念日としており、1989年、沖縄県酒造組合連合会によって、泡盛製造の最盛期に入る11月1日と『いい月いい日』をかけて『泡盛の日』と制定されました。

 

ちなみに沖縄県外では11月1日は『焼酎の日』と定められています。

 

 

 

 

 

©毎日新聞

続きを読む

『10月17日は沖縄そばの日』

そば粉を使っていないのに『そば』と呼ばれているのは、沖縄の歴史と深い関わりがあります。

 

そばは明治の半ば頃に中国から伝わったとされ、スバ(そば)の名称で愛されてきました。ところが、本土復帰後の1976年に、全国生めん類公正取引規約により、『そば』の名称を使えないとの通達を受けました。

 

そこで、沖縄製麺共同組合を中心とした人々が、粘り強く交渉を続け、1978年に『本場沖縄そば』として正式に登録されることになったのです。それが10月17日のことで、それ以降、沖縄では、毎年この日を『沖縄そばの日』として、そば専門店などが、さまざまなサービスを提供するなど、そばをめぐる特別な日となっています。

 

そんな沖縄のソウルフードといえる沖縄そばですが、実は地域や離島によっては少しずつ味や麺に違いがあります。スープは豚骨をベースにした塩味のスープやカツオ出汁のスープがあり、麺は平麺、太麺、細麺と地域によって特徴があります。

 

たとえば、宮古そばは本島の沖縄そばに比べると、麺が少し細いという特徴があり、また、八重山そばは、丸みのある麺で細切りにした豚肉がのっているのが特徴です。  また、骨つきあばら肉を柔らかく煮込んだ「ソーキ」をのせたそば「ソーキそば」は沖縄本島の名護市で生まれ、今では日本各地の沖縄料理屋さんでも食べられる定番メニューとなりました。  

 

今年の10月17日は沖縄そばをうさがみそーれー(召し上がれー)

東京、神奈川、埼玉エリアで沖縄そばが食べれれるお店はコチラ

おきなわ食材レシピねっと おきレシ
おきレシ
石垣島でフォトウェディング
石垣島でフォトウェディング
東京島のわ通信
東京島のわ通信
沖縄のおすすめ海遊びプラン紹介 みーぐる
地元密着観光情報
沖縄のウェディング情報 ainowa
ainowa


お問い合わせ先

【本店営業所】

TEL 03-6423-9669

FAX 03-6423-9679

東京都大田区大森南4-10-17

営業時間 6:00~15:00(水・日曜定休日)